水素水製造工程

最新の設備とクリーンな環境を完備した水素水製造工場で、安全でおいしい水素水を皆様にお届けできるよう細心の注意を払って製造しています。

製造工場

水素水 製造おいしい空気ときれいな水に恵まれた福岡県嘉麻市の閑静な山中に「ナノ水素水a-class(アクラス)」製造工場があります。

水素水製造工場:福岡県嘉麻市千手

水素水 製造

脱気

水分中の酸素を除去することで、より多くの水素を溶かし込みます。

水素水 製造

水素溶存

膜溶解法 (気体は通過し、液体は通過しない薄い膜を通して、水素を溶け込ませる方法) を用いて、水素を溶かし込んでいきます。膜溶解法は、医療現場でも使われています。

水素水 製造

充填

容器から水をあふれさせながらキャップをする「満注充填」で水素水を注入します。
通常の約2倍の厚さがあるアルミパウチをパッケージに使用することで、充填した高濃度の水素を逃しません。

水素水 製造

殺菌

厳しい検査をパスした良品のみを殺菌室へ運び、水温80~90℃で殺菌を行います。

水素水 製造

チェック

水素水のアルミパウチに小さな破損がないか等、厳しい目でチェックします。

水素水 製造

パッキング

新鮮な状態で水素水をお届けするため、万全の体制でパッキング(包装)します。

  • 水素水を購入
  • アクラスのお問い合わせ