更年期障害と水素水

更年期とは?

一般的に女性の更年期とは、卵巣機能が衰えはじめ女性ホルモンの分泌が減少する、閉経を迎える前後の期間と定義されています。更年期が始まる時期には個人差がありますが、40代半ば(月経異常・月経不順が続く方が多い)頃が多いようです。

更年期障害

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる身体的・精神的な症状が発生する疾患で、自律神経失調症の一つとされています。

更年期の時期は、卵巣の機能が衰えはじめ卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。エストロゲンの分泌量が減ると、卵巣からエストロゲンを分泌するように指令が出るのですが、更年期を迎えた卵巣は、必要な量のエストロゲンを分泌することが出来ないため、「ホルモンバランスの乱れ」が起こります。

ホルモンバランスの乱れによってさまざまな更年期の症状が現れます。
身体的なメカニズムだけではなく、更年期の時期は生活の転換期(子供の独立・夫の定年・親の介護など)の影響を受けやすい時期でもあり、生活のリズムの変化による精神的ストレスや家庭や職場でのストレスなども加わって、更年期障害の発生時期や症状が変化します。

更年期の症状

更年期症状は、個人差があります。更年期を迎えほとんど気にならない人もいれば、日常生活も満足にできない症状の人もいます。最悪の場合うつ症状がひどく、自殺や家庭崩壊に繋がるケースもあります。

全身的な症状・・・ほてり(顔がほてる)、のぼせ(顔がのぼせる)、動悸、脈が早まる、多汗(大量の汗)、めまい、だるい、肥満(太る)、やせ、むくみ(むくむ)、冷え

運動器官系の症状・・・肩こり、腰痛、手足のしびれ

精神的症状・・・イライラ、不安、うつ、神経質、睡眠障害(眠い)、意欲低下

生殖器系の症状・・・月経異常、不正出血

消化器系の症状・・・吐き気、嘔吐、食欲不振

水素水の効果

水素水は基礎代謝をアップし、体内のホルモンバランスを正常値に近づける効果があり、更年期障害の各症状にも改善が見込まれます。また、認知症やうつ病の改善事例も多数報告されており、脳の血流の増加や脳内伝達物質のバランスの正常化により精神的な症状の緩和・改善が見込まれます。

水素水の効果を試してみる

水素水 効果水素水 効果
  • 水素水を購入