健康のすすめ

健康のすすめ

中高年の方や高齢の方と話をしているなかで、「自分は、誰にも迷惑を掛けずポックリ死にたい」といった言葉を聞くことはないでしょうか?大切な家族に自分の事で負担を掛けたくないと思うのは、人として当然のことだと思います。しかし、家族にしてみれば少しでも長く生きていて欲しいという思いも当然の思いでしょう。そうした思いは、今も昔も変わらない筈ですが、私たちを取り巻く環境は大きく変わってきています。その環境の変化を正しく捉え、健康維持を心掛けなければ、幸せな家庭生活を続けられない時代になってきています。

今なぜ、健康が重要なのか?

近年、毎日のように少子高齢化問題の話題を耳にするようになりました。人口の少ない世代が多くの高齢者を支えなければならない事は誰もが認識している事です。しかし、どうすれば支える世代の負担が軽くなるのか?という問題を具体的に対策できるものではないのが現実です。健康の重要性を考えるうえで、現在と数十年前の状況を比較してみました。

昭和後期~平成初期

  • 多数の兄弟で親の介護を分担できた
  • 両親のどちら(例えば父)が要看護・介護状態になっても、母が父の面倒を看れるので家族の負担は最小限で済むといったケースが多かった
  • 看病や介護が必要になってから亡くなるまでの期間が現在よりも短かった
  • 世帯主の収入と親の年金で経済的なやりくりができた

現在

  • 少ない兄弟で両親の支援をすることは非常に負担が大きい
  • 長寿時代になり、両親が同時期に要看護・介護状態になるケースが増え、家族の負担が増加
  • 医学の向上により病気になってからの存命期間が長くなり、家族の負担が増加
  • 所得水準が上がらないにもかかわらず、入院費などの支出が増え経済的負担が増加
  • 夫婦双方の両親を看なくてはいけないようなケースも珍しくない

看護・介護をする人が自分しかいないという状況の人が増え、長期にわたる介護に疲れ、経済的な不安も増しているなか、現在と数十年前の状況比較から見えてくるものは何でしょうか?行き着く答えは【両親の健康寿命を延ばすこと】ではないでしょうか。
病気・老化を予防し、少しでも長く自立した生活を送ってもらうことができれば、幸せを共有できる時間が長くなり、介護を余儀なくされる期間も短くなるのです。

水素水の効果を試してみる

  • 水素水を購入