糖尿病の予防と改善‼

糖尿病のメカニズム

糖尿病を予防・改善するうえで、まずはインスリンの分泌と血糖値の大まかなメカニズムを理解しておく必要があります。

①食べ物や飲み物が消化・分解され、腸でブドウ糖に変わる。
②ブドウ糖が血液中を流れて筋肉や臓器のエネルギー源になる。
 ※この血液中のブドウ糖の量の数値は、血糖値と呼ばれています。
③食事の後に血糖値が上昇。
④血糖値を下げるために膵臓のβ細胞からインスリンが分泌される。
 ※インスリンは体内で唯一の血糖値を下げるホルモンです。
⑤インスリンの働きにより血液中のブドウ糖は肝臓・筋肉・脂肪組織などに取り込まれる。
 ※その結果、血糖値が下がります。

糖尿病とは?

何らかの原因でインスリンの分泌に問題が生じる症状が発生すると糖尿病と診断されます。
インスリンの分泌に問題(分泌が遅れる、分泌量が著しく減少、作用が低下する)が生じると、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなってしまいます。そうなると、空腹時であっても高血糖状態になります。この状態では筋肉や内臓にエネルギーが運ばれず、全身のエネルギーが不足してしまうのです。

糖尿病の原因

糖尿病の原因としては、遺伝的要因もありますが生活習慣が大きな要因であるとされています。過食・運動不足・ストレスなどの不健康な生活習慣はインスリンの分泌機能に問題を生じるリスクとなります。特に不健康な生活習慣による肥満はハイリスクな状態です。なかでも、内臓脂肪が多くたまった状態の肥満を内臓肥満と呼び、 特にインスリン抵抗性や糖尿病などの病気と関係が深い事がわかっています。

糖尿病は原因によって4つに分けられます

【1型糖尿病】
膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、体内のインスリンの量が絶対的に不足して起こります。子どものうちにはじまることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていました。

【2型糖尿病】
インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがあります。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプ。

【遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの】
遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。

【妊娠糖尿病】
妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもあります。

水素水の効果

日本人の糖尿病患者の大多数を占める【2型糖尿病】の方は内臓肥満の場合が多いため、内臓脂肪を減少させることで症状が改善するとされています。

水素水を飲用すると、肝臓から放出されるホルモンFGF21が増えます。FGF21は体内のエネルギー代謝を促進させるため、脂肪燃焼効果が上昇し、内臓脂肪を減少させる働きがあります。詳細は基礎代謝アップのページにも記載しています。そのため、水素水の飲用は糖尿病の予防効果・改善効果の両方が見込めるのです。

水素水の効果を試してみる

  • 水素水を購入