心筋梗塞の予防・改善

心筋梗塞とはどんな病気ですか?

心臓は1日に約10万回も収縮・拡張を繰り返し、全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。この収縮・拡張する心臓の筋肉(心筋)に、酸素や栄養を含む血液を送り込んでいるのが、心臓のまわりを通っている冠動脈という血管です。

この冠動脈が、動脈硬化などが原因で狭くなると、心筋に送り込まれる血液が不足して胸が痛くなります。これが狭心症です。さらに動脈硬化が進んだり、何かの原因で血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができ、冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態を心筋梗塞と呼びます。冠動脈が閉塞すると約40分後から心内膜側の心筋は壊死(えし)に陥ります。壊死の部分が大きくなると心臓の収縮・拡張ができなくなるため、命にかかわる危険な状態となり、緊急の治療が必要です。

最近の医学の進歩で急性心筋梗塞の死亡率は減少していますが、現在でも5~10%程度とあなどれません。急性心筋梗塞の半数には前駆症状として狭心症がありますが、残りの半数はまったく何の前触れもなしに突然発症するので、予知が難しいことが問題です。

上記の内容を簡単ににまとめると以下のようなプロセスになります

①生活習慣の乱れなどから動脈硬化が起こる。
 ※詳細は【動脈硬化の予防・改善】をご参照ください。
②冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態になる。
③冠動脈が閉塞して約40分後から心内膜側の心筋が壊死に陥る。
④壊死の部分が拡大し、血液の循環機能が著しく低下すると、命にかかわる危険の状態になる。

水素水の効果

心筋梗塞の引き金は動脈硬化です。水素水の飲用により、体内の悪玉活性酸素を体外に排出することで、動脈硬化の原因となる変性LDLを抑制でき、動脈硬化のリスクが大幅に減少します。そのため、心筋梗塞のリスクも必然的に減少します。

水素水の効果を試してみる

  • 水素水を購入