脳梗塞の予防・改善

脳梗塞とは?

脳の血管が詰まったり、破れたりするために起こる病気を総じて脳卒中(脳血管障害)といいます。脳梗塞は脳卒中の一種で、脳に血液を供給している動脈や静脈が詰まって起こるものです。脳の血管が極端に狭くなったり、詰まったりすると、その場所から先に血液が流れなくなります。そのため、脳の活動に必要な酸素やブドウ糖が行き渡らなくなり、機能障害が起こります。脳はほかの臓器に比べて、とくに大量の酸素を必要とするので、わずかな酸素不足でも脳細胞は働きが鈍り、この状態が長く続くと脳細胞の一部は壊死(えし)してしまいます。

脳梗塞の詳細メカニズムは省略しますが、簡単にまとめると以下のようなプロセスになります。

①生活習慣の乱れなどから動脈硬化が起こる。
※詳細は【動脈硬化の予防・改善】をご参照ください。
②動脈硬化によって「血管の内側が狭くなる」「血栓が生じ血管が詰まってしまう」などの状態が生じ、脳に血液が行き渡らなくなる。
③脳の血流が停止した部分の脳細胞が酸素不足となり、会話や歩行などの日常生活に支障が生じるなどの症状が現れる。
④症状が現れてから、短い時間で意識障害などの重篤な状態になる。

水素水の効果

水素水の飲用により、体内の悪玉活性酸素を体外に排出することで、動脈硬化の原因となる変性LDLを抑制できます。そのため動脈硬化のリスクが大幅に減少します。脳梗塞の引き金である動脈硬化が抑えられますので、当然脳梗塞のリスクも減少します。

水素水の効果を試してみる

  • 水素水を購入