動脈硬化の予防・改善

動脈硬化ってどうして起こるの?

生活習慣病の一つとして動脈硬化という言葉をよく耳にすると思います。
動脈硬化とは、血管壁が硬くもろくなることをいいます。血管の伸縮性が失われるとともに、血管内腔が狭くなるため血液の循環機能が低下し、多くの病気を引き起こす元凶となります。動脈硬化によって引き起こされる病気は『高血圧』『脳梗塞』『脳溢血』『心筋梗塞』『狭心症』など多くの生活習慣病、『閉塞性動脈硬化症』『慢性腎臓病』などです。

動脈硬化の詳細メカニズムは省略しますが、簡単にまとめると以下のようなプロセスになります

①高カロリーの食事や運動不足により、過剰なLDLコレステロールが発生。いわゆるドロドロ血液状態になる。
②過剰なLDLコレステロールが血管壁面に張りつき、内皮細胞の間を通り抜けて内膜に入る。
③活性酸素がLDLコレステロールを酸化させ、変性LDL(酸化LDL、過酸化脂質)となる。
④血管内壁内のマクロファージが変性LDLを取込み、血管内に蓄積していき、少しずつ血管を詰まらせていく。
⑤詰まった血管は血管壁の弾力性を失い、硬くて脆くて切れやすい状態になる。

こうして動脈硬化を引き起こした血管は、傷ついたり、破断したりするたびに、血小板による修復を受けるのですが、その修復時の血の塊(血栓)が血管から剥がれて脳の血管を詰まらせると脳梗塞を引き起こします。

水素水の効果

水素水を飲用すると体内の悪玉活性酸素を体外に排出しますので、LDLコレステロールが酸化して変性LDLに変化する作用を抑制します。また、水素水は血液をドロドロ血液状態からサラサラ血液状態に変えてくれますので、詰まり気味の血管でも血流ストレスが少なくなるため長期的な改善が期待できます。

水素水の効果を試してみる

  • 水素水を購入