基礎代謝アップ

水素水に含まれる水素分子は、悪玉活性酸素を除去するだけでなく体内のホルモンやタンパク質に良い影響を与える研究成果が数多く報告されています。

その一つとして、肝臓から放出されるホルモンFGF21が増えることによるエネルギー代謝の増加により脂肪燃焼効果が上昇するとのことです。

水素水 健康効果

基礎代謝がアップすることで、内臓脂肪や中性脂肪の上昇を抑え、血糖値の安定につながり、肥満や糖尿病の改善が見込まれるようです。また、運動前や運動中に水素水を飲用することで、より効果的なエネルギー消費が期待できるためダイエット効果も高まるようです。

USA国立生物工学情報センターデータベースより

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21293445

学術雑誌名:Obesity (Silver Spring). 2011 Jul;19(7):1396-403. doi: 10.1038/oby.2011.6. Epub 2011 Feb 3.

<参考文献>

水素分子(H2)は、肝臓FGF21を誘発して、エネルギー代謝を促進することによって、肥満と糖尿病を改善する。

<日本医科大学の太田教授による解説>

上記の論文で紹介するのは、食欲が抑えられなくて、肥満になってしまうマウスを使った結果です。

食欲が抑えられなくて肥満になってしまうので、人間に近い肥満糖尿病マウスです。

このマウスに水素水を飲ませると、同じだけ食べ過ぎているにもかかわらず、体脂肪が増えすぎません。

その他、脂肪肝もならず、血糖値も高くならず、血液の中性脂肪も高くなりません。

同じだけ食べても太らない理由を調べると、エネルギー代謝が上昇していました。つまり、同じ運動しているにもかかわらず、酸素の吸収量と二酸化炭素の排出量が多くなっていました。

さらに、その原因を調べると、水素水を飲むと肝臓から放出されるホルモンFGF21が増えることがわかりました。FGF21は、脂肪燃焼をはじめとするエネルギー代謝を活発にするホルモンです。

つまり、水素を摂取すると肝臓ホルモンFGF21が放出され、脂肪燃焼効果が上昇するので、体脂肪が増えず、脂肪肝にもならず、中性脂肪も増えすぎず、血糖値もあがらなかったのです。

予備的研究ですが、水素はもちろん(マウスと同じように)、人間にも効果があります。水素水に含まれる水素分子は、悪玉活性酸素を除去するだけでなく体内のホルモンやタンパク質に良い影響を与える研究成果が数多く報告されています。

その一つとして、肝臓から放出されるホルモンFGF21が増えることによるエネルギー代謝の増加により脂肪燃焼効果が上昇するとのことです。基礎代謝がアップすることで、内臓脂肪や中性脂肪の上昇を抑え、血糖値の安定につながり、肥満や糖尿病の改善が見込まれるようです。また、運動前や運動中に水素水を飲用することで、より効果的なエネルギー消費が期待できるためダイエット効果も高まるようです。

水素水の効果を試してみる

水素水 効果水素水 効果
  • 水素水を購入