水素水がなぜ身体に良いのか?

~悪玉活性酸素を取り除く効果~

ヒトは食物を食べ、水を飲み、呼吸をして、体内でエネルギーを生み出すと同時に発生した老廃物を体外に排出します。あたり前のことですよね。水素水 健康効果
最近の医学的研究成果として、ヒトとしてあたり前の営みの中で発生する悪玉活性酸素が老化や病気の大きな原因であることが分かってきました。よく使われる例えとして、「金属が錆びるように、人間の体も悪玉活性酸素によって錆びていく」と言われることがあります。

悪玉活性酸素は、遺伝子を攻撃して細胞をガン化させたり、シミの原因となったり、体の免疫力を低下させたりします。水素水に含まれる水素分子はこの悪玉活性酸素と結びつき、水となって体外に排出されます。そのため、体内の細胞が活性化し、免疫機能も向上するため、様々な病気や体調不良に効果があったという報告が多数寄せられています。

Q.身体のどういうところに一番効くのでしょうか?

A.身体の弱いところを良くするというのが、水素水の特徴です。なぜそのような都合の良い作用があるかについては研究が進められています。それぞれ体質には個人差があるのですが、例えば、肝臓が弱い人は活性酸素が多いと肝臓の病気になります。活性酸素は体の弱いところを病気にするので抗酸化作用のある水素水が改善してくれるのです。一番効果があるのは病気の予防だと思います。

Q.なぜ、効果があるのですか?

A.身体を錆びさせる凶悪な活性酸素だけをなくしてくれるからです。また、水素分子は小さいから体中のどこにでも入り込むことができます。細胞は油の膜に包まれた水分のようなものですが、水素は油も水も通過しますので、細胞内で活性酸素が悪さをする時に素早く抗酸化物質として働くことができるからです。さらに最近の研究では、炎症を抑える効果、アレルギーを抑える効果、代謝をよくするなどの体質を改善する効果もわかってきました。総合的な作用で効果を発揮するのだと思われます。

太田成男著「水素水とサビない身体」より引用(P92-93)

水素水 効果水素水 効果

水素水の効果を試してみる

  • 水素水を購入